Institute of Global Education アメリカ留学はIGE
IGE現地ケア
IGE Newsletter 03/01/2016 Volume 127
 

桜今年も、3月から4月にかけて、高校や大学を卒業して留学する方が沢山おられます。それぞれの決意を秘めて、新しい環境にチャレンジ。一歩踏み出す勇気があれば、得るものもあるはず。春は、新しいものが生まれる期待に包まれます。


» スタッフ記事 <日本上陸!> IGEアメリカ 宇佐見牧子

IGEアメリカ本部の宇佐見牧子です。長年の産休、育児休暇を終え、半年ほど前から留学カウンセラーに復帰しました。気持ち新たに、皆さんの留学サポートを行っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

育児休暇中といっても、育児に専念していたというわけでもなく。。。じっとしていることが性分に合わないので、自宅や近所でできる仕事をこなしたりしていました。具体的に言うと、翻訳業務や、英会話、TOEFLを教えたりです。TOEFLを教えた経験は、留学カウンセラーとして復帰した現在、留学準備を一緒に進めている学生さんたちに具体的なアドバイスができるので、とても役に立っています。なにしろ、私がTOEFLを受けたころは、PBTからCBT,そしてIBTへとめまぐるしくTOEFL形式が変わっていた時代で、私はぎりぎりスピーキングのないCBTのスコアーで大学院に入学しました。この教えた経験がなかったら、なかなか具体的なアドバイスをすることは難しかったかもしれません。コンピュータに向かって話すこと自体緊張しますし、タイマーがついているので緊張感も二倍です。どんな経験でもどこかで役立つことがあるんだなと実感しているところです。

そして、現在3年半ぶりに日本に上陸し、留学を目指す皆さんと実際に会って面談を行っています。留学に不安を感じながらカウンセリングにいらっしゃる皆さんにお会いすると、記憶が一気に大学生時代の自分に戻り、私もこう言う思いを抱いて日本を飛び出したなとか、そういえばこれは日本では常識だけど、世界から見たら変な習慣だったとか、いろいろ思ったりして、心がわくわくします。

私が留学をして得たのは、語学力だけでなく、生きていく力だと思います。今ではこんなに強くなって、どこでも生きていけそうな自分がいますが、初めて渡米したときは、本当に右も左もわからない、かよわい女子大生だったなと思います。アメリカについたとたん乗り換えの飛行機に乗り遅れ、泣きながらコレクトコールで親に電話したり、スイス人のルームメートに一方的に言われっぱなしだったり、ホストファミリーがすごくお話好きでほとんど聞いてなかった(聞き取れなかった)こととかを懐かしく思い出します。どれもが今となってはいい思い出、いい経験です。

4月11日まで日本に滞在しています。ぜひ、留学に興味を持っている方、お会いしましょう!現地での様子をお伝えしたり、疑問点、不安点が少しでも明確になればいいなと思っています。こちらのウェブサイトから、お申し込みが可能です! http://weexchange.com/blog/vol-043/

それと、嬉しいお知らせがもう一つ!私がIGEで働き始めた13年前に開発した、NATAアスレティックトレーナー留学プログラム。当時はアスレティックトレーナーの存在を知らない人が多かった記憶がありますが、近年の日本人プロスポーツプレーヤーの海外での活躍で、アスレティックトレーナーの認知度が上がり、アメリカでの資格取得を目指す方が増えました。このアスレティックトレーナーに関する留学を正しく理解してもらおうという取り組みを行っており、この度、大阪にて説明会が行われます。アメリカから代表の平田も渡日しますし、なにしろ現役アスレティックトレーナーの江口氏の生の声が聞けるまたとないチャンスです。ぜひお時間のある方、ご参加ください。
詳細はこちら

それでは! 留学を目指す皆様、日本で会えるのを楽しみにしています!


» 現役留学生コラム Vol. 100
留学したらどんな生活?このコーナーでは、実際に留学中の学生からの生の声をお届けします!
滝本里奈さん
左が里奈さん

滝本里奈さん
大手エステサロンの店長を辞めて渡米。将来、起業する夢に向かってスタート。

...................................................................................................................................................................................................

<人生一度きり>

私は日本に居るとき大手エステサロンの店長として働いていました。英語と全く関係のない仕事をしていた私が留学を決めた一番の大きな理由は、ただ自分を変えたかったから。自分にもっと出来ることがあると思ったからです。もちろん周りからは、仕事を辞めてまで行くのはやめた方がいいと、ものすごく反対されました。(笑)
アメリカには以前、短期留学と旅行で二度訪れたのですが、なんとも言えない解放感を二度も味わい、絶対長期で住みたい!とずっと思っていてようやく叶いました。

留学生活の初めは、こんなウキウキとは裏腹に、英語がわからずただただ悔しかったです。そんな中、ホストファミリーはとても優しく、英語が喋れない私にわかるまで丁寧に喋ってくれていました。根気強く向き合ってくれたお陰で2か月経った今、ようやく英語に慣れてきて、今ではたくさん会話が出来るようになりました。

学校の友達も夢に向かって頑張っている人が多く、毎日すごく刺激を受けています。本当に毎日何かしら得るものがあります。そして、アメリカの人はいつもニコニコしていて毎日とても楽しそうだということに気付きました。日本はみんな暗い顔していて、毎日憂鬱そうです。文化の違いもありますが、私はアメリカの人みたいに毎日笑って楽しめる環境にずっと居たいなと思いました。私のモットーは、人生一度きりです。本当に人生一度きりだから楽しまなくちゃ損ですし、一歩踏み出す勇気が必要だと思います!
思いきって留学を決めて本当に良かったと思います。

滝本里奈さん


» Miss Debbie's mini English Lessons Vol. 16
Miss Debbie

Identical Pairs

Identical pairs are a great way to emphasize a point. Native speakers do this frequently by saying one word twice. Here are some common identical pairs and their meanings:

  • round and round - in circles
    We discussed the matter round and round, but never came up with a solution.

  • over and over - repeatedly
    He practiced the correct fingering on his violin over and over until he got it right.

  • on and on - too long
    The speaker went on and on about their story; no one else had a chance to talk.

  • little by little - gradually
    Little by little, the grammar started to make sense.

  • all in all - considering all
    All in all, they thought it was a fantastic way to wrap up the season.

  • day after day - everyday for a long time
    Day after day, he went to the gym. Eventually, he got in shape.

  • word for word - exactly, precisely
    Can you tell me word for word what she said? Tell me exactly what she said.
...................................................................................................................................................................................................
ニュースレターでは、皆さんからのアメリカや留学に関する質問、またはメルマガに関するご意見・ご感想を募集しています。アメリカの留学カウンセラーが皆さんの疑問点にお答えします。
● ご質問・ご意見はこちらから
 
このメールマガジンは、IGEニュースレターにご登録頂いた皆様、またIGE関係者の方にお送りしております。留学にご興味がなく、このニュースレターを希望されない場合は、IGEニュースレターの配信は、直ちに停止します。このメールマガジンを今後ご不要な方は、誠にお手数ですが、件名に「IGEニュースレター配信停止希望」とお書きになって、以下に本メールが送られてきたメールアドレスをご記入の上ご返送ください。メール転送サービス等をご利用の方は「IGEニュースレター」にご登録のメールアドレスをご記入ください。
お名前→
停止希望のメールアドレス→
返送先 news@weexchange.com

このメルマガの著作権はIGEにあります。無断転載はお断り致します。
Copyright IGE All rights Reserved.